Home:Main Menu>センター紹介

センター紹介

南台科技大学中国語センターは元々の名称は「漢語センター」で、20057月に外国人を募集して中国語の勉強を始めました。同年10月に「華語教師養成コース」を開催し、中国語の教師を育成して、今までもう17年になり、100人以上の中国語教師になりたい人を育成しました。

2006126日に教育部が訪問した後、「中国語センター」と改名し、教育部の審査を通じて、教育部に認められたと中国語センターを設立できる大学の一つとなりました。台湾に来て中国語を勉強したい外国人を募集します。中国語の文章を聞いて、話して、読んで、書いての課程を提供して、そして学生を指導して中国語の能力試驗に合格するために、未来の勉強、就業の必要に利益をあげます。

中国語センターは「発音コース」と「台湾の発音記号教育コース」の無料課程を提供して、学生の日常会話の発音を強化させて、そして「中国語能力試験(TOCFL)クラス」を開設して、多元的な課程を通して学生の中国語能力を増進することを期待しています。正規課程以外に無料の授業指導時間を別に手配して授業の質問を解決します。

本学の中国語センターは毎年旧暦の新年イベントや国際芸術文化祭イベントや中国語の日などの活動を開催して外国人留学生に台湾文化を体験させて、台湾の祝日を共同で祝い、国際学生と交流します。

台湾文化を深く体験することを協力するために「台湾ホストファミリー事務室」と協力して、遠いところから来た外国人留学生の皆さんのために、台湾のファミリーを手配して外国人留学生と交流し、外国人留学生に台湾人の温かさを感じさせて、台湾文化を理解します。





イベント写真 2